三方よし

Pocket

2009 年12 月18 日号No39

私は小学校の5年生まで滋賀県大津市琵琶湖のほとりで育ちました。山があり、川があり、日本一の湖があり、遊ぶ事には事足りる環境がありました。

滋賀県と言えば忘れてはいけない「近江商人」。小さい頃から「近江商人」ほど立派な商人はいないと聞かされました。

伊藤忠や丸紅の創始者、西武グループ、高島屋、大丸、西川産業、東レまだまだ日本の有数の企業創始者を沢山輩出しております。

「近江商人」の商売の理念というべき根本に「三方よし」という言い伝えがあります。

近江商人の行商は、他国で商売をし、やがて開店することが本務であり、旅先の人々の信頼を得ることが何より大切でありました。そのための心得として説かれたのが、売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方よし」であります。

取引は、当事者だけでなく、世間の為にもなるものでなければならないこと、まさしく今で言う「社会貢献」です。

血縁地縁のない他国で商いを始めることから取引を重ねるたびに信頼信用を大きくする。もともと卸商であったことから薄利多売を身上とし、売る側が悔やむぐらいの口銭で我慢する商いを極意とした。たとえ品薄の時であっても余分な口銭を取るような取引を禁じていた。

そして、「しまつしきばり」倹約につとめて無駄をはぶく、「しまつ」は単なる節約ではなく、モノの効用を使い切ることであり、「きばる」は、近江地方では「おきばりやす」という言葉が挨拶代わりに使われる。

私も小さい頃、学校へ行く時には決まって「きばっといで」と送り出されたものでした。「きばる」は自分がきばることと他人にもきばることの両方に意味があり、近江商人の天性を一言で表現した言葉です。

更に、商人の手にする利益は、権力と結託したり、買占めや売り惜しみをしたりせず、物資の需給を調整して世のなかに貢献するという、商人の本来の勤めを果たした結果として手にするものでなければならない。そうした利益こそ真の利益であると伊藤忠の創始者伊藤忠兵衛の座右の銘として残っている。

今から250年も前に「近江商人」は社会貢献の一環として、治山治水、道路改修、貧民救済、寺社や学校教育への寄付を盛んに行なったとの記述が沢山残されています。

フローレの新しい理念の素案を作っている過程ですが250年前に作られた「近江商人」の「三方よし」という理念は現在においても立派に輝き生きています。

一番大切にしなければいけないことの価値観が私の中で変わり始めています。フローレを初めて25年いつも沢山の商いをする事、会社を大きくする事を心がけてきました。しかしそれは間違いだったと思うようになってきました。会社が大きくなる事で、お客様の要望、お客様の願いを叶えるお手伝いができるか・・・・

それは会社の大小ではなく、自分達は誰のために存在しているのか?そのために精一杯汗をかくことが最も重要であることが「近江商人」「三方よし」の理念の中から少し理解できました。