WeekendFlower⋆サンリッチライチ

まだ目も開かないうちにシャワーを浴びる。

熟睡したはずの朝なのに、目覚めが悪い。

 

「そういえばあいつ、元気にしてるのかな?」

 

何の脈略もなく思い出される過去。

閉じた目蓋の奧に、笑顔でおどけてみせるあいつがいる。

制服で踊るものだから時折スカートがめくれ、見てる僕がヒヤヒヤする。

「ダンス部のスカートの下はジャージだよ、バカね」

僕の小さな嫉妬を可愛い八重歯を見せて笑う。

 

普段は前髪を作るあいつもダンスをする時は前髪をあげる。

時折みせる真剣な眼差しに改めてドキドキする僕がいる。

こんなに好きだったんだ。

 

熱めのシャワーがようやく僕を覚醒させる。

ふと記憶の辻褄が合わない事に気付き、慌ててさっきの記憶を辿る。

 

磨かれた板張りの教室。机と椅子が端に寄せられてできたスペースで踊るあいつ。

教壇の花瓶には見慣れない色のヒマワリ。踊りながら僕を見るたび微笑むあいつ。額の汗が夕日に光る。

僕は中高一貫の全寮制の男子校。僕の初めての恋人は、大学のゼミで知り合った1つ年上の女性。そう、今の妻。

だから、こんなシチュエーションは僕の記憶にあり得ない。

覚醒とともにあいつの記憶が薄れて行く。

 

笑顔の輪郭が消えてゆく。教室が端から消えて行く。

ダンスの音楽も消え、無音が耳に響く。

ただ、見慣れない色のヒマワリだけが色彩と存在を保っている。

シャワーの後、ふと視線を感じ窓の外を見る。

見慣れない色のヒマワリが、こちらを見つめていた。

ノスタルジックな色のヒマワリが。

Fin

 

「あいつ」は夢の中の恋人だったのでしょうか?

それともヒマワリが見せた幻覚だったのでしょうか(笑)

 

さて、大人カラーのヒマワリ、いよいよ始まってまいりました。

サンリッチライチ他、各種のお問い合わせはこちらまで。

株式会社フローレ21葛西店 長友