WeekendFlower「花・・・」

ゴールデンウィークでも働くことに違和感がなくなって久しい。

それがX‘masだろうが元旦だろうが、ただひたすらに花を束ねる。

それが花屋の使命。

 

夏でもダウンジャケットは欠かせないし、冬には、北極に住む魚のように内臓に脂肪を蓄える。

それが花屋の使命。

 

「貴女のタイプは?」と聞かれた時にイメージする通りの男性客が

「家内が誕生で」と照れながらオーダーしてきた時、なんとなく釈然としない。

それが花屋の使命。

 

「やっぱり貴女にお願いして良かったわ!」

これで何人目だろう?同級生に造るクラッチブーケ。

それが花屋の使命。

近所のおばあちゃんが「初孫の節句に」と、お花を買いに来る。

そのお孫さんが大きくなって買いに来た仏花を造る。

「私に飾るお花はあそこのお花屋さんにしてね」

祖母が最後にそう言っていたので。と聞かされる。

嬉しさと悲しさと…。

これが花屋の生き甲斐。

時節、その時折々のお花、ご用意しております。

各種のお問い合わせはこちらまで。

株式会社フローレ21葛西店 長友