WeekendFlower「マリーゴールド」

財布を落としたらしい。

それも3日前の事らしい。

「らしい」というのは、最近ではほとんど財布なんか使わないから、落としたことにも気が付かず過ごしていた。

 

クレジットカードや電子マネーは携帯と一緒に持っているし、落とした財布には、ほんの少しのお金と、たまに行く病院の診察券や家電チェーンのポイントカードぐらいなものだから、正直取りに行くのも億劫だった。

 

警察から聞かされたアドレスを頼りに拾い主のところへ向かう。

 

国道沿いの街路樹は一回り大きくなっていたし、クリーニング屋の向かいの酒屋はコンビニになっていた。もっとも、そのクリーニング屋は駐車場になっていた。

 

僕が大学の4年間過ごしたこの街に、また戻ってくるとは思いもしなかった。この街には思い出が多すぎる。大学4年間の思い出と、4度の夏を過ごした恋人の思い出。

 

葉桜の緑が一層濃くなり、夏の訪れを待つばかりのよく晴れた午後だった。

インターホンが鳴りキッチリ3秒数えた後に3度のノック。

当時の恋人と決めた2人の合図。

「新聞の勧誘や国営方法の取立の時は出ないから、君がきた時の合図を決めよう」

そう言って決めた2人だけの秘密。

 

「出なくて良いの?」

名前も思い出せない女の子が、隣で横たわりそう尋ねてきたのを今でも思い出す。

 

その合図が2度ほど繰り返された後、静かに遠ざかるヒールの音が心に響いた。

 

名前も思い出せない女の子が出で行った後、急に息苦しくなって開け放った窓から見えた黄色い花。とても鮮やかな黄色の奥に、深い悲しさを感じたのは僕の罪悪感からだったのだろうか。

その花の名前がマリーゴールドだと知ったのは、ラジオから聞こえてきた女性歌手が歌う歌詞だった。

 

過ぎ去った時間は取り戻せないけど、過去は未来とつながっている。

私が拾ったこの財布の持ち主は、あの時の彼なのか、それとも単なる似た名前の誰かなのか。

 

現実は小説より奇なり・・・

(笑)

 

そんなマリーゴールド含め各種のお問い合わせはこちらまで。

株式会社フローレ21葛西店 長友