WeekendFlower「シャルロット」

まー、よくある話です。

ある晴れた日曜の朝でした。その事自体忘れていましたが、世界一周ツアーの懸賞に当選しておりました。1ヶ月の有給申請はなかなか難しいかったですが、なんとか会社も理解してくれました。

フランスではそれほど珍しい事ではないようですよ。世界一周の旅スタート国フランスでスリに会い、パスポートを紛失。世界一周どころか、パリ市内観光の前にまず大使館ですよ。

大使館へは毎年何万人も訪れるらいしですから、その中に僕の初恋の人がいてもなんら珍しい事ではないですよ。
居たと言っても、居たのは壁の向こうですけどね。
「久しぶり、いじめっ子。まだ忘れてないからね」
「おっ、フランスに戻って居たのか、蛙」

在日フランス人の数は1万人を少し超えるので小学校の時にフランス人の女の子が居てもそれほど珍しい事では無いですよね。
それによくある事ですよ、そんな女の子に一目惚れする日本の男の子。僕もその中の1人ですけどね。

でもほら、それがバレるのって恥ずかしいじゃないですか。だからわざと変なあだ名付けてね。そう、蛙って。

彼女、名前がシャルロットって言うんですよ。だから蛙って。

ま、彼女もラテン語を少し知っていたので、あだ名の意味を解ってくれてましたけどね。

えっ、その後の話ですか?
まーよくある事ですよ。なんか久しぶりに蛙と意気投合しちゃって一緒に日本に帰って来ましたよ、蛙なだけに。

Fin

知ってました?ラナンキュラスという名前、ラテン語で蛙に由来するの。

興味のある方は是非ググってみてくださいませ。

そんなカルメン含め各種のお問い合わせはこちらまで。

株式会社フローレ21葛西店 長友