show the flore in NY リポート vol.2

posted in: 最新情報 | 0

さる2017年1月20-21日の二日間に開催された、show the flore in NYのダイジェスト&リポートです。

開催当日~レセプション~二日目の様子をダイジェストでお届けします。

 

1月20日金曜日午後11時。準備も整い、しずかに開場。

どれだけの人が訪れてくれるだろう。。。誰もが心のうちで同じ言葉を反芻し、息をひそめて待つ時間。

本当に、来てくれるのかな・・・・。なんて。笑

すると、ポツポツとお客様が入っていらっしゃいました。

そして、まもなくして入っていらした、この嬉しいやわらかな笑顔が、福を呼んでくださった。気がしたのです。

ほどなくして、つぎつぎとお客様が入ってこられ、会場は一気になごやかな雰囲気に。

笑顔の花も次々に咲き、ギャラリーはより華やいだ雰囲気へ。

訪れる人たちの嬉しそうな表情を見つけるたびに、こちらまで嬉しくなりました。

そして朋友カナダより来たる、の一場面も。

ご来場の皆さまへ感謝をこめて、ラナンキュラス・チューリップのプレゼント。

 

イベント中、終始印象的だったのは、どの方も驚くほどに時間をかけて、じっくりとご覧になっていらしたことです。

興味深く作品に魅入る姿、花について質問される様子も多く見受けました。

引き続き、18時からレセプションがスタート。

あっというまに、人であふれかえるギャラリー内。

NYでご活躍のフラワーデザイナーも駆けつけてくださいました。

 

レセプション冒頭、弊社社長よりご挨拶をさせていただきました。

昨年末に発行した社報の中で「花は文化と共に発展してきた。ファションの世界で、エンターテイメントの世界で、花がどのような位置にあるのかも確かめてみたい。世界の多様な民族が混在しながら作り上げてきたものがニューヨークには存在する。そこでの花の役割は、どのようなものなのかも見たい。」と記した社長。

あいさつの中でも「私たちのモットーである”our flowers make you happy”が実現できればうれしい」と、さらなる夢の実現に向け、ゆるぎない自身の思いをスピーチに残しました。

 

つづいてデザイナー4人もご挨拶。

こちらはこのイベントを終始見守り、成功に導いて下さった陰の立役者、コーディネーター本下さん。

 

そしてお集まりいただいた皆様へは、ささやかながら、日本のお酒と食事でおもてなしを。

お食事は、NYでご活躍の料理家ミサコさんのShikiケータリングをお願いしました。

ご提案いただいたメニューに、さらに会場の雰囲気とのマッチングをイメージし、カラフルな色あいとバランス!とリクエストしたところ、

こんな春らしい色どりになって登場!

 

おかげさまで大好評でした。

ゲストも交え、デザイナーたちもリラックスした表情。

お花たちも。

 

引き続き、1月21日土曜日。前日の心地よい疲れと余韻を残しつつ、2日目も緩やかにスタート。

今日はそんな人は多くないだろう、なんて思っていたら、

油断することなかれ。。。

 

あっというまに人で溢れかえりました。笑

 

今回のイベントの主旨は「日本国産花きのPRと需要促進」。掲示した国産花きについてのキャプションに魅入る表情も多くみられました。

作品の前で記念撮影をする人も。

みなさんの熱心な様子に、どんな感想を持たれたのか、こちらも興味津々。

そう今回、ご来場者にアンケートをお願いしました。

 

そのコメントはデザイナー4人の作品とともに、vol.3でご紹介させていただきます。