show the flore in NY リポート vol.3

posted in: 最新情報 | 0

2017年1月20-21日の二日間に開催された、show the flore in NYのダイジェスト&リポートvol.3です。

あらためてshow the flore(ショーザフローレ)とは、日本全国にある花の産地、生産者、植物の魅力を発信することで、日本産花きの普及と周知拡大を目的としたフローレ21独自のイベントの名称で、今回は初めての海外開催でした。

このような取り組みを通じ、日本の花が世界の様々な地域にでて、人の眼をよろこばせ驚かし、心を癒し、土地の人々のために尽くすこと。それは日本の生産能力や花の魅力を波及させるばかりでなく、世界にむけ日本の文化や習慣の中にある「豊かさ」を伝える一助にもなると、私たちは考えています。

今回初めての海外での試みで、現地においてもさまざまな懸念が頭をかすめましたが、日本から送った花たちの意気盛んに咲き誇る姿は、最後まで私たちを勇気づけてくれました。また花が発するパワーに生産者皆さまの高い気格と強い意志を見た思いでした。

最後になりますが、2日間にわたり人々を心酔させた、デザイナーの作品と産地の紹介をさせていただきます。ご来場者からいただいたコメントもあわせてご覧ください。

このたびご支援いただいた皆さまへ、あらためて心より感謝申し上げます。

 

山﨑 克己 Katsumi Yamasaki

visitor’s voice

「あんなきれいなダリアを見たことない!1週間近くたっているのに状態がとても素晴らしい。日本の花は長持ちする。」

「生け花のスタイルが好きなのでダリアが一番気に入りました。」

「ダイナミックでユニーク!」

ダリア 静岡県 オガワ花園 様

スカビオサ 福岡県 小山花園 様

チューリップ 兵庫県 JA兵庫六甲 淡河 様

山﨑 克己 Katsumi Yamasaki 大阪HANAFUKU 花福 代表

 1993年久保数政氏に師事。1999年以降ドイツ「I.P.M」国際園芸見本市、2002年ドイツ・シュトゥットガルト、州主催のガーデンショーでのデモンストレーション、2005年スウェ-デン「NorrvikensTradgardar」でのインスタレーションなど、日本国内にとどまらず、ヨーロッパでも活動の幅を広げてきた。
 近年では2009年中之島バンクスEAST「YMO写真展 POST YMO」での会場オブジェや、2014年に大阪Gallery H.O.T.で立体造形作家の佐古馨氏との「花の器展」など、異業種クリエイターとのコラボレーションも多数。山﨑の花は四季の扉を開ける花。彼の手にかけられた花たちの、凛とした佇まいは、どの季節にあっても唯一無二の存在感をもつ。

Website:http://hanafuku.tv/

--------------------------
 1969 born in Osaka
 1992 graduated from Kansai University and entered the world of flower design.
 1993 studied under Kazumasa Kubo of Hana-Ami
 1995-1997 studied in Germany and Denmark
 1999 gave a demonstration at the IPM International Plant Fair in Essen,Germany
 2002 gave a demonstration and group exhibition at the Landes Garten Schau
 held in Germany
 2005 gave a installation at Norrvikens Tradgarder,Sweden
 2007・2009 gave a demonstration at the English Garden Show held at the Daimaru
 Shinsaibashi store in Osaka.
 2013 gave a demonstration at show the flore in Tokyo.
 2014 gave a demonstration at N.F.D. in Kagawa
 2015 gave a demonstration at N.F.D. in Hiroshima
 2016 International floral art 2016/2017 /Stichting Kunstboek
 At present,representative of HANAFUKU
 Among his publications are "Hana no okurimono"Co-author,Rikuyo-sya,
 International floral art 2016/2017 /Stichting Kunstboek

 

熊坂 英明 Hideaki Kumasaka

visitor’s voice

「ゴージャスな色使い!」

「ユニークなアレンジ」「ユニークな作品」

「熊坂さんのバラのブーケが素晴らしい!アメリカにはない色、形。しかも大きいのにきれいにまとまって、斜めに活けた感じもとても素敵。」

「大地農園のバレンタインの作品がとてもいい!これまでに見たことないデザイン。大きな作品がインパクトあってよかった!」

「大きなブーケなのに綺麗にまとまっている!」

バラ 静岡県 やぎばら園 様

プリザーブドフラワー 株式会社大地農園 様

熊坂 英明 Hideaki Kumasaka Bear flower_scape 代表。

1997 年に家業の生花店を継いだ後、短期渡欧など独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。「植物には声にならない声がある。その声を想像し、手をさしのべ、そしてそっと繋ぐ。」がコンセプト。花のフォルムやライン、色や香りなど、花の本質を引き出すに優れた熊坂のフラワーデザインは、文字通り「本質を感じる花」であり、どの花をしても観る者を圧倒的に魅了する。

Website :http://www.fs-bear.com/
---------------------------
President of “Bear” , flower shop in Tokyo. He joined his family flower business in 1997 and later traveled to Europe and learned European flower design in Europe. His concept is “feel the essence of flower” and he produced weddings, shop displays as well as TV commercials and movies. Member of 10 committee Setagaya Flower MarketOrganizer and lecture of “Chiisana Benkyokai”Design member of catalog and exhibition of Ohchi Nursery .

 

 

梶谷 奈允子 Namiko Kajitani

visitor’s voice

「マッシュルームや多くの草花をうまくまとめているのが素晴らしい!」

「梶谷さんの作品は、様々な花を使っているのに、異なるテキスチャーがみごとに融合していて美しかった。」

「自然な感じ、そして心細やかな感じがとてもいい。」「色使いなどが好きです。」

パンジー 群馬県 みやび花園 様

     

梶谷 奈允子 Namiko Kajitani flower designer table coordinator

花の本質を知るために、フラワーハンターの元でゼロから花を習得。フラワーアーティストのアシスタントを経て、テイクアンドギヴ・ニーズでウエディングフラワーのトップフラワーデザイナーになる。 モデルの梨花、女優 バービースー、KISSなど、国内外の数多くの著名人のウエディングを担当し独立。現在は、デザイナーとして、カルティエ、ハリーウィンストン、フェラーリなどのイベントフラワーデコレーションや、ウエディングデコレーション、など花を通じて活動している。
http://003ztt.com/
--------------------------
Namiko first started to learn the essence of flowers. Later teaching at a flower design school while working at a flower studio.
She joined “Take and Give Needs” , a major wedding company in 2006 as a director to lever the flower quality of the company.
She became the companyʼ s top designer and created the wedding of Rinka, a model as well as Gene Simmons, a Vocalist of Rock band Kiss.
Now she has her own company and continues to design flowers for wedding of celebrities and events for brands such as Cartier, Harry Winston, Ferrari etc.

 

 

岡 寛之 Hiroyuki Oka

visitor’s voice

「野菜と花の融合がうまくできていて素晴らしい!とても考えつかないデザイン。」

「華やかでパーティーにも自宅にもインテリアとしても取り入れやすいと思いました。」

「ダイナミック&ユニーク!」

ラナンキュラス 宮崎県 高千穂地区農協 様

アクアリング他 松村工芸株式会社 様

トルコキキョウ 静岡県 鈴木明典 様

スイトピー 宮崎県 西岡農園 様

岡 寛之 Hiroyuki Oka Freelance designer

現在フリーランスのデザイナーとして活動。広島の花店『 FleuR AtelieR 談』において荒井楓久香に師事。24歳で渡欧、コペンハーゲンの巨匠、ターゲ アンデルセンの元で研修。帰国後はマミフラワーデザインにて研鑽を積みその後、大田市場内の花の仲卸会社『フローレ 21』に勤務。日本国内のあらゆる花の生産地へ自ら赴き、生産者の話を聞くことにより、植物や花それぞれが持つ固有の魅力への理解を深めた。

ベルギーの出版社 Stiching Kunstboekから発刊された『International Floral Art 0809』に作品を掲載したことが契機となり、2013年3月同社より初の単独作品集『HiroyukiOka MONOGRAPH』を刊行。 同書では、ふだん花に触れることのない人たちにも、植物のもつ面白さや個性に興味を持ってもらうべく、当時5年にわたり暖め続けたデザインコンセプト「身近な植物である野菜をアレンジする」を打ち出し、オリジナル作品50点以上を掲載。発刊後は、ヨーロッパ各メディアでも取り上げられるなど、国内外とわず高評価を得ている。

国際的フローラルコンペティション「International Floral Art 0708」にて『シルバーリーフ賞』受賞。
---------------------------
Freelance designer. Hiroyuki started his carrier at FleuR AtelleR Dan in Hiroshima. At 24, he received training in Copenhagen, Denmark. After returning to Japan, he continued to maximize his skill at Mami Flower Design and later joined a flower wholesale company“Flore21”which is located in the biggest flower market in Japan after. He traveled to growers in different parts of Japan to learn and understand more about flowers which led to publish different brochures and books at the company. In July, 2013 he published his first solo work collection “Hiroyuki Oka MONOGRAPH”. In this book, This book has received many attentions not only in Japan but in Europe.

Website:https://www.hiroyukioka.com/