WeekendFlower 「Spマム・インヤン」


ふと立ち寄った本屋。

特に探している本があるわけでは無いけれど、自分の住んでいる町に本屋がなくなるのは寂しい。だから、会社が早く終わったときや、雨の日の日曜日など、ほしいものが無くてもここに来る。

そういえば、公衆電話や赤い縦長のポスト、バス停の木製のベンチや横断歩道を渡るときの黄色い旗もいつも間にか無くなっている。

 

「憎いあいつをやっつける方法」

そんな背表紙に魅かれて手にした薄手の本。背表紙の文字がようやく読み取れる程度の厚さのこの本、両方の分厚い本に挟まれていた。

なんか宝物を見つけたようで少しうれしくなる。

 

家に帰り、早速開く本。さて、私は誰が憎いのだろう?

目次を開くと、こんな風。

「ご近所編」、「電車編」、「上司編」などなど。世の中、いろいろな憎まれシチュエーションがあるものね。

読み進むと、絶妙なやっつけ方法が書かれている。早く誰かを憎みたくなってくるから不思議。

 

分刻みでスケージュールされた朝の儀式。

起床、シャワー、朝食、歯磨き、メイク、そして着替え。ここまできっかり45分。近所の地下鉄の駅まで5分の道のりをクリアし、後はしばし立ちながらの瞑想タイム。

相変わらずの満員電車では「無」になるのが一番良い。が、後ろに居ると思われるサラリーマンが背中をぐいぐい押してくる。混んでいるのは分かるけど押しすぎ。

「そうだ、憎いあいつの「電車編」実践だ!。」

ゆっくりと振り返りこう言う「ごめんなさい、私のカバンすぐに網棚に乗せるので。そうすると少し広くなると思います」「いや、こちらこそすみません。。。」

謝らせてやった。

 

帰宅後、くたくたなった体を湯船で癒す。そしてベランダでの缶ビール、これは止められない。

が、お隣さんのホタル族の煙が全部こちらに流れてくる。自分の家の中は禁煙で、ベランダで繋がるこちらはどうするの?!

「そうだ、憎いあいつの「ご近所編」実践だ!。」

「お父さん、いい加減禁煙したら?換気扇の下で吸ってても、その煙が外に出てご近所さんにも迷惑かけてるんだよ!」

そっと煙草を消して、部屋の中に戻ってゆくお隣さんの物音が聞こえる。。。

さっきのメッセージ、お隣さん宛のものだよ(笑)

 

明日は、上司編に戦したいな。可愛い小花を買って仕掛ける技らしい。早く明日が来ないかな?

こんにちは。

明日の朝、上司はどんな仕掛けに会うんでしょうか?笑

さて可愛い小花のSPキク、インヤン。こうやって見るとSPキクも可愛いですね。

SPキク各種のお問い合わせはこちらまで。

株式会社フローレ21葛西店 長友

Tel:03-5659-8750