WeekendFlower-ラベンダー-


【青天の霹靂】

読み方:“せいてん”の“へきれき”

青天の霹靂とは、思いがけず起こった衝撃的なことや驚くようなこと。

「青天」は「晴れわたった空」を、「霹靂は「雷」「雷鳴」を意味する古い表現。

 

まさに、今朝の母の一言は私にとって青天の霹靂だった。

いつもと変わりのない朝食の風景。左に座る父がいて、テーブルを挟んだ向かいに母が座る。

「汗をかくと塩分不足になるから、食欲がなくてもお味噌汁だけは飲みなさいよ」

「暑いと思わなくても、まめに水分を取らないと熱中症になるらしいから気をつけなさい」

そして、こう告げられた。

「そうそう、ようやくこの家に買い手がついたから、貴女も今週中に新しいアパート見つけといてよ。」

 

熱中症対策の話と実家売却の話は、同じトーンで話せる内容だろうか。。。?

 

「ほら、2丁目の角を曲がった交番の先に新しくできた老人ホームができたでしょう1階にコンビニがあるビル。

私たちも最近物忘れも多くなってきてるから、今のうちに、そういったところでお世話になったほうが良いわねってお父さんも話していたのよ。」

 

そういう理由らしい。

まー、交番は3丁目の角を曲がったところだし、老人ホームができたビルの1階は美容院。確かに、記憶がちぐはぐな感じ。両親も若くなってことだ。

 

午後から始めた私なりの断捨離。寝室が片付いたところで、解約した近所のレンタルルームからの荷物が届く。

私の四半世紀分の思い出の段ボールの数々。ここ何年も開けられていない荷物たちなのだから、本来は開封もせずに捨てても問題のないはずだ。

一応儀式的に開けた箱から出てきたのは、小学校の時に使っていた縦笛や辞書、こまごまとしたアクセサリー。

まとめて断捨離を決めた時にふと見つけた「卒業アルバム」の文字。

 

十数年ぶりに対面する私と私。

「あー、この頃は眉毛が太い。そうそう、マッキーの太いほうで書かれたような眉毛だわ」そして私の将来の夢「素敵なお嫁さん」

「ごめん、まだ貴女の夢、叶えてあげられてないわ。。。」

 

そしてアルバムから滑り落ちる1通の手紙。

昔、あれだけ苦労して覚えた歴史の年号や化学の数式はほとんど覚えていないけど、この手紙の中の1つ1つの文字が鮮明に思い出される。

小学校の卒業式を待たずに転校していった近所の男の子へ宛てたラブレターだった。

 

私の卒業アルバムにある将来の夢は、この男の子のお嫁さんになるものだった。

転校してもまた会おうねって書かれた手紙。道端に咲くラベンダーを添えたのも覚えている。

封筒にそっと顔を近づけるとかすかに香るラベンダーの香り。

ただあの日、小学校から帰る彼の隣に楽しそうに話す女の子を見つけ、この手紙をポストに入れることができなくなったのだ。

今にしてみれば他愛もない下校風景だが、当時の私にとっては、そうそうまさに青天の霹靂だった。

 

玄関を出ると、むせ返る様な夏の風が私を包む。小走りで向かう近所の郵便局。

十数年ぶりに投函されるこのラブレター、無事に届くだろうか。

 

外にでて空を仰ぎ見る。まさに青天。そして耳を澄ます。雷など聞こえない。

Fin

こんにちは。

今日も暑い一日でしたね、お疲れさまでした。最近では沖縄のほうが涼しいんだとか(笑)

さて、本日ご紹介した「ラベンダー」。

Flore21では、オンラインショップにて各種ドライ資材も販売しております。

スワッグやハーバリウムにも最適ですよ。ご興味のある方はこちらまで!

 

FLORE21@shop(アットショップ)
https://flore21.shop/

株式会社フローレ21葛西店 長友

TEL:03-5659-8750