Weekend Flower「ベッチスブルー」


7時47分。

毎朝この時間のバスに乗って会社へ向かう。本当は、2~3本後のバスでも全然間に合うのだけれど。。。

停留所の向かいある、今では珍しい木造の小学校の校庭にある大きな時計の長針が7時45分を指す。

程なくして小走りでやってくるヒールの音。

7時47分。定刻通りにやってきたバスが目の前に停車し、その車窓に僕と彼女が映り込む。

この一瞬のドキドキのために、僕は毎朝早起きをしている。

僕に許されているのは、バスを待つ数分の間に、右斜め下45度まで振り向き彼女を盗み見することと、バスの車窓に映る彼女を見つめる事だけ。

 

丁寧に磨かれたローヒールのパンプス、同系色でコーディネイトされたレザーのバック。季節感を取り入れた華美過ぎない丁寧な着こなし。むー、隙がない。。。

だた一つ残念なのが、彼女の左手薬指に巻き付いている金属製のループ。そう既婚者なのだ。

 

そんなある日、いつものように右斜め下45度まで振り向き彼女を盗み見る。いつもと同じような朝だが何かがおかしい。

頑張って右斜め下47度まで振り向くものの、その違和感が見つからない。

なんだろう?

いつもより若干遅れているバス。時間を確認するために右手の腕時計を見ようとした瞬間その違和感が見つかった。彼女の薬指から、あの憎っくき金属製のループが消え去っているではないですか。

その日は、一日中仕事が手につかなかったが、結論、金属製のループをしなくてよい人になったのは事実だ。

明日、思い切って声をかけてみることにした。

だって、もう金属製のループをしない人になったんだから、僕が声をかけても罪にはならないだろう。

 

普段より念入りにグルーミングをした朝は清々しい。

空も抜けるような青空。僕にとって、何かとても良いことが起きる気がする、そんな朝だ。

そしていつものように校庭の大きな時計の長針が7時45分を指す。

そして右のほうからヒールの足音が近づく。あれ?足音が2つ聞こえる。

そしてこんな話声も。

「あれ、結婚指輪どうしたの?」

「あー、なんか急に金属アレルギニーなっちゃって。」

「そうだよね、あんな素敵な旦那様だものねー」

 

空を見上げると、抜けるような青空。

明日からは少し寝坊してから出勤しよう・・・泣

紳士淑女のみなさま、恋してますか?。実らないのもまた恋です(笑)

本日ご紹介した「青柳フラワーセンターのベッチスブルー」。

抜けるような青空に生える素敵な深いブルー。そんな、旬を迎えるベッチスブルーのお問い合わせ、またはその他「お花の仕入れ」についてのお問い合わせはこちらまで。

株式会社フローレ21葛西店

TEL:03-5659-8750

長友。