ダウカスボルドー「Weekend Flower」


結局、今日も一日中家の中。外出のために丁寧に身支度もしたのに。

四角く区切られた小さな空が続くこの大きな街に越してきて、まだ数日。

友だちも居ない。

「だって、一歩も外に出ないんだもの、お友だちなんて出来ないわ」

母さんは言うけど、まだ何となく不安・・・。

 

ふと見上げた時計。母さんが帰ってくるまで、まだ少し時間がある。

ちいさな勇気を振り絞り、そっと外に出る。

夕日に染まった風の匂いは、この街もあの町も一緒だ。

たくさんの車が走る大通りを避け、住宅街を散策。

生け垣や塀越しに覗く家々にはお友だちになれそうな子たちもたくさん居る。

なんとなくこの街を好きになれそうな気がした。

 

あっ、あのお花、見覚えがある。

花屋の店先で風に揺れていたレースフラワー「ダウカスボルドー」。

私の育った町にはたくさんの小さな畑があり、そこここに咲き誇っていた。

畑に寝転んで、この花越しにみあげる空。昼間なのに星がみえるような景色が好きだった。

まだ私が小さかった頃、母さんが飾っていたこの花を誤って食べてしまい、

とても叱られたのを思い出す。叱られているのに不思議と温かく感じられたのは、

母さんの愛情が感じられたからだったと思う。今となっては良い思い出だ。

母さんが覚えているかは分らないけど・・・。

ふと気が付くと、私の影がさっきよりも大きく伸びている。

「もうすぐ日も暮れる。母さんも帰ってくる頃だし、お腹もペコペコだ。」

 

「あっ、母さんだ!」

遠くから聞こえる馴染みのある足音。音のするほうへ一気に駆け寄る。

「あら、今日はお散歩に出かけたのね?じゃあ、お腹も空いたでしょう?帰ってご飯にしようね。

そうそう、あなたの好きなこのお花覚えている?そこで買ってきたの。でも今度は食べちや駄目よ。」

「ニャー!!!」

~ダウカスボルドー~

福岡県 山田さんのレースフラワー。エアリーでありながらシックな雰囲気の花材。

存在感はもとより、しっかりとしたボリュームもきっと満足行くと思います。

ちなみに我が家の猫たちも、草花を飾ると翌朝には食べた形跡が・・・。

困ったものです。

本日ご紹介した「ダウカスボルドー」のお問い合わせ、

またはその他「お花の仕入れ」についてのお問い合わせは、
株式会社フローレ21
葛西店
TEL:03-5659-8750
長友までお願いします。