日本一幸せな会社を

Pocket

2010 年 12 月10日号 No89

私は花に携わって40年、15年が小売店、25年が仲卸です。 花屋の経験が浅く、花の知識や技術がほとんどなく、開業当時は苦労の連続でした。

その頃は一年間一億円の商いをすれば花屋とし認知をしてもらえる。このような風潮 があり、その売り上げを目指し頑張りました。 そんなに難しいことではないと思っていたのですが、14年かかりました。それは花屋 としての能力が乏しい、経験が浅いことが主たる理由でした。

目標を達成した私は自分にもっと適した花の商売があるように思い、仲卸の開業に 踏みきりました。 ここでも、5年で東京で一番の売り上げをあげる仲卸、10年で日本一の売り上げを あげる仲卸を目指す目標を掲げ商売に励みました。 当時大阪のW社が日本で一番の売り上げをあげていた仲卸で、開業にあたり大阪 へ出向き、K社長に『仲卸』としての教えを受けました。

40年を振り返り、自分が掲げてきた目標に大きな疑問と同時に愚かささえ感じるよう になりました。 なんと自分勝手な目標を追い求めてきたのだろうか、一度しかない人生を自分の要 求を満たすためだけに使う人生で、後悔はないのか。

自己を満足させる、そのような目標にはたして大きな価値があるのか。 人として人間として成し遂げる目標にしては、いささかお粗末だったと、言わざるを得 ない自分がいたように思っています。

私達が目標として掲げるものの価値はどこで見出されるのか。その掲げる目標が多 くの人から共感や共鳴、支持がえられるのか、多くの人の賛同がえられるのか、ここ に価値の大小があるのではないかと考えるようになりました。

自分が40年前に戻れたなら、もっと大きな価値を見出し、もっと大きな価値のために 働きたいと思っています。今からでも遅くはない、今からでも出来ることを目指さなければならない。

私の最後の目標 『日本一幸せな会社の実現』です。この目標こそ人生の目標にし て有り余る価値を持っている目標だと考えました。

4月に新しい理念を掲げ、今までにない社員の息吹を感じながら歩み始めているフロ ーレ 21 を暖かく見守っていただきたいと思っています。