ご挨拶

近年、経済は満遍にいきわたっているわけではありません。「アベノミクス」の弊害は中小企業の経営に大きな障害となり、社会の格差が大きくなっています。

その経済社会の中でも私たちは売り上げを保持しながら、社員の幸せと業界の発展、さらに社会への貢献をたゆみなく続ける責任があると考えています。

花き業界全体のパイが停滞と減少をはじめて20年。生産から小売りまで誰もが新しい経験をした。わが社も試行錯誤を繰り返し、新しい試みに挑戦し続けてきました。

このような時代においてわが社は、多くの失敗の代償から少しの可能性を見出し、これからも新しいことにチャレンジしていくつもりです。

花の持っている大きなポテンシャルを掘り起し、新しい商品を作り出す。これからの私たちの仕事です。花の魅力をもっともっと多くの人に伝え続けることが求められています。

フローレ21は社会の中で必要とされる存在へと進化するのです。仕事の中でロマンを感じ、夢を追い続ける、決して独りよがりでないものを求め進んでゆきます。

 

引き続きのご愛顧、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

2017年1月吉日

株式会社フローレツエンティワン
代表取締役社長 小池 潔